レンズを数本持ち歩こう

先日、カメラリュックを買ってみました。
安い割わりにはしっかりした作りです。

背中に当たる部分。
他のカメラリュックと違って
背中側からカメラなんかを取り出します。
大きなパッドも付いてます。

Macoon
(マクーン?)


ちょっとした旅行にも
ゼロハリとコイツ(笑)でイケそうです♪




ちょっとした旅行とは
家族旅行の事以外ありませんっ!
( ̄◇ ̄;)





Nikon F、ドレスアップです。

レリーズケーブル…。

イイです♪

Nikon Fに AR-2を!


実際に使うの?
それは愚問ってやつです。(笑)

♪( ´▽`)





ミラーレス機にカルチャーショック

ニッコールの62ミリのフィルターが欲しくて
品揃えがピカイチのビックカメラへ行って来ました。

気になっていたミラーレスを触ってみると
『こんな簡単にボカせるの?!』でした。

特にフジのXシリーズはセンサーの大きさもあり
画質がズバ抜けているそうです。


ただ、どうしてもフィルム機で慣れていると
軽すぎるオモチャ感と押すと撮れる簡単さに
『写真を撮る』感覚を味わえなかったのもまた本音です。

今回、近くの公園や沖縄で使ったFとF5。
なぜだか不思議とFの方が良い写真があるんです。


フィルムの装填から露出の決定、
緊張感の違いが写真にも現れてくるのかも知れません。

失敗する事、
面倒くさい事、
工夫してみる事。

こんな事が『遊びの楽しさ』なのかも知れません。





フィルムカメラの楽しみ方?!

天気もいいので、たまには
子供達と公園で朝食を。

コンビニで調達したおにぎりと唐揚げですが
それでも外で食べると気持ちイイものです。


で、久々に登場のNikon Fだったんですが
初めに入れたフィルムの装填ミスで…。
( ̄◇ ̄;)!

写りは別にして、イイ感じだったのにぃ!

悔やんでも悔やみきれませんが
これがまたフィルムの良いところでもあるかも知れません。

あとは、次に入れた
モノクロの出来上がりが楽しみです。





銀塩とミラーレス

『カメラはフィルム』。






ミラーレスにマウントアダプターを付けて
手持ちのニッコールが使えるとなると…!


なにやら撮って簡単にスマホなんかに送れたりと
デジタルならではの遊び方があるみたいです。

今更ですが『オモチャ』にはなるかもです。
オモチャにしては…高いです。(笑)





古き良き昭和の香り

昭和初期の単体露出計、セコニック リーダー L6。

検索しても年代までは辿りつけませんでした。
60年代頃でしょうか。


電池不要の光電盤。

40〜50年経った今でも
元気に光に反応しています。

これでズシリと重いんですから…、
タマリマセン。(笑)



ニコン F 黒の誘惑

Nikon F アイレベル・ブラック。

プリズム、ファインダーの劣化が少なく
とんがり頭が無傷なのは、ありそうでないんです。


使い古し、黒の塗装が剥げて
真鍮色が見え隠れする頃が最大の魅力のブラック。


………剥げないかも知れません。(爆)



癒される…金属

Nikon F のシャッターダイヤルを外してみると
中に見える金属製の噛み合わせ部分…。


たまりません。(笑)



Nikon F

Nikon F。

コレクション級のフォトミックFTN
キレイなアイレベル
普段使いのアイレベル


日本光学が世界に誇る名機です。

F2 、F3 と挙げればキリがないですが、
あの『パシャッ』と言う柔らかいシャッター音はFにしか味わえません。

カメラのナニワでF2を触らせてもらった時に
巻き上げの軽さと少し高めのシャッター音に驚かされたのを思い出します。
(機械的には正常進化なんですが…)

コレクターでもない私にここまでさせるとは…。
父の影響とは言え Nikon 恐るべしっ!

こうなれば F ブラック、魅力的デス。





プライスレス

オートニッコール 28ミリ F2。
1971年製で個人的には珍しいかなと…。


明日には結論が出る筈デス。(笑)



| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM